スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物セット

ールショウ用の着物
今回の新作着物はお月見に似合うイメージで仕立ててみました。
サイズはいつも通りSD17、65cmドール共用サイズです。
着用確認はSD17、SD16B(GOUは未確認)、CROBI M-Lineボディでおこなっています。
SD13ロング脚でも着用出来ますが、袖丈、着丈が長くなるのでお引きずり風になります。
それはそれで可愛いのですけれど、身幅が余るのでご検討くださいませ。
※モデルはSD17ボディです。

白い方(左)が「望月」で黒い方(右)が「朧月」
中の着物は「望月」の方が白、「朧月」の方が生成に近い白です。
両方ともデッドストックの絹地を使っておりますので
いつもの古布のリメイクではなく未使用の絹生地になります。
帯のみ正絹古布をリメイク使用しております。
綺麗な部分を選んで使用しておりますが、
若干のすれやいたみがある場合があります。
古布の味わいとご理解いただける方のみご検討くださいませ。

お月見着物 2種
望月(絽風着物/白)×2着
朧月(絽風着物/黒)×2着

紅雀&静寂


百十瀬&千十瀬


【セット内容】
絽風着物、内側の着物(正絹/総裏)、着付け紐
帯(正絹古布)、付属のアクセサリー2種(帯飾り、家紋風ブローチ)は共通です。
※帯の柄のでかたはサンプルと異なります。

龍の着物×1着
赤に黒いレースが貼られた生地を使用しているのですが、
それが鱗に見えるので龍の着物と呼んでいます。
帯と髪飾りに使っているブローチは鱗パーツを1枚1枚手作業で切り抜き
形をととのえ、ひたすら縫うの繰り返しでできたシロモノです。

龍


【セット内容】
着物(赤に黒レース/総裏/現行生地)、着付け紐
鱗の帯、付属のアクセサリー(鱗のブローチ)
※鱗の帯、鱗のブローチはパーツから手作りしていますので若干サンプルと異なります。

お月見の着物と龍の着物


お月見着物に使っている帯はもともと七五三用の帯だったようで、
模様としてはわからない形になってますが鶴亀柄だったりします。
金糸がとても綺麗で赤い帯飾りのビーズととても相性がいいのですよ。
今回の着物セットはアクセサリーの手間が半端じゃなくかかりましたが、
トータルで面白い雰囲気の仕上がりになっております。
ぜひゆっくりブースでご覧いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

拍手ありがとうございます。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。